ATMOS NAMBA お嫁サンバ

最近、ある変化に気づいた。少し気になっているあの商店街の人が綺麗になった事に。その人の事は名前も歳も知らない。唯一分かる事と言えば見た目の割には声が低めだということぐらい。こういった変化に気づくことは昔にもあった気がする。確かあれは僕の同僚の子が、彼氏が出来た時だ。あの子、最近綺麗になったけどどうしたの?と、同僚の友達に尋ねてみたら、 それは恋やで。酒焼けした、ガラガラ声の女の子がそう言い放った。商店街のあの人も恋をしているんだな。僕はなんだか切ない気持ちになると同時にあの歌を思い出した。慌てないでお嫁サンバ、女はいつもミステリー。行かないでお嫁サンバ1人のものにならないで、ああ…ああ、それが大事だよ123バ223バ、お嫁、お嫁、お嫁サンバ。なんだか懐かしいな。そういえば、じいちゃんがこの歌をカラオケで歌うときは決まってこの靴を履いていた。

https://www.atmos-tokyo.com/items/fw5386

adidas SAMBA 

ADIDASの原点。SAMBA無くしてはADIDAS無しと言っても過言ではない。そして ミックスマッチ 。無敵だ。細かい説明は不要。右足を愛するか、左足を愛するか、どちらとも決められないなら、二つに平等の愛を注いじゃいなよ。それはきっと、浮気ではないのだから。

atmos NAMBA
大阪府大阪市中央区難波1-6-12 虎やビル
TEL 06-4708-3825
TIME 10:30-20:00
https://www.instagram.com/atmos_namba/?hl=ja 

Related Article List