2018/8/21 ATMOS NAMBA

まいど! アトモス難波店山田です!

 

 

私事なのですがこの度、重度のめばちこ(ものもらい)なんぞ発症してしまいまして、、、(あ、調べると「めばちこ」って関西だけの言い方みたいですね、ばっちこいみたいで僕は好きです。)

 

最初は市販の薬で対応していたのですが、全然効かずにみるみるふくれていき、無事半ゾンビ化を果たしたところですみやかに病院に行きました。

 

最寄りの眼下に行き、受付のおばちゃんに「あの・・・」と声をかけたところで僕の顔を見たおばちゃんの血相が変わり、「す、すぐに院長を呼んでまいります」とかすれた声でおばちゃんに言われ、ウォーターサーバーの水を飲みながらしばらく待っていると50代半ばのやり手そうな雰囲気の院長が現れ、やはり僕の顔を見るなり「ふむ…」といったきり指の爪を神経質そうに噛みながら僕のめばちこを凝視して10分の時が経ち、その間僕もおばちゃんも緊張で体が動かせなかったのですが、その緊張が限界に達したところで院長がおもむろに「ニュージャージーに1人いい医者がいるんだ」と僕に告げ、その足で空港に向かった、というはまったくの嘘で、受付のおばちゃんは僕の顔を確認するなり、「問診表おねがいしまぁす」と穏やかな声で僕に告げたのでした。

 

問診表もそこそこに、そのまま診察に入ったところでお医者さんが僕の眼をサッとレントゲンみたいな機械でスキャンして、「うわ、ほら見てこれ、4つもめばちこできてる、今年の台風みたいだ なあ、はは」と言われて、この病院に来るのは最後にしよう、と固く誓いました。

 

その後サラッと目薬と軟膏を処方されて、拍子抜けした山田は帰路についたのであります。

 

まあ兎にも角にも大ごとじゃなくてよかったのですが、なんせ見た目がグロテスクだったので眼帯をしていたんですね。

 

薬局で買った普通の白い眼帯だったのですが、なんか眼帯してると「独眼竜正宗」やら「丹下段平」など、私の眼帯ヒーロー達が脳裏にちらついてきます。

 

そしてそんな中でも眼帯といえばやっぱりこの男でしょう。

 

 

映画「ニューヨーク1997」の主人公、スネーク・プリスキンです。

荒廃して秩序のなくなったマンハッタン島に乗り込む荒くれ物なんですが、なんせ不器用なんですね、口数も少ないし。

見ての通り顔も怖いんですが、それでもきちんと仕事して最後には大事なところも忘れていないっていう、、、男が好きになる系の愛すべきキャラなわけです。

出てくる登場人物も一癖あるやつばっかりで面白いんですよね、、久々に映画見返したい…

 

とそんなスネーク・プリスキンづいてる山田のもとにadidas から運命的な一足が入荷しました・・・!

 

 

 

「ADIDAS SAMBA ROSE W」

 

今年発売されたADIDASの新作「SAMBA ROSE」から高級感のある新作が登場です!

品の良い絶妙な厚底具合と、なんにでも合わせやすいカラーリングはもちろんなのですが、なんといってもこれ、、、、

 

 

 

スネークスキン柄なんですね!「プリ」さえいれれば スネーク・「プリ」スキンです! 「プリ」いれる理由はないんですけど! Destiny!

 

メンズ展開がないのが大変悔やまれますが、女子の皆さま、是非是非お早めにチェックお願い致します!

 

 

 

 

 

と今回も乱文散文となってしまいましたが、来るべき台風もありますので映画でもみてのんびりやり過ごしましょう。

 

ではでは。

 

 

 

ps. ちなみにどなたか実用性の高い黒い眼帯を販売しているところご存知でしら一報お願い致します。

 

 

 

 

 

atmos NAMBA

大阪府大阪市中央区難波1-6-12 虎やビル

TEL 06-4708-3825

TIME 10:00-21:00

https://www.instagram.com/atmos_namba/?hl=ja

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Article List