2018/1/15 ATMOS NAMBA

まいど! atmos難波店山田です!

 

ごきげんな野亜曼(やーまん)ですね!

 

冬の澄み切った空気が誘発するサウダージ感を尻目に小生は今日も生きているのですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

なにをしみったれたこと抜かしてやがんだ、このおセンチのコンコンチキ野郎!と叱咤する諸兄のみなさま、グッとこらえて月間ヤングジャンプでも読んでてください。

というのも近頃「小生も大人になったものだな」と感じる出来事がありましてですね、もちろん成人式の熱気にアてらたからではなく、(成人すれば大人、なんて思う輩はまだまだガキでございます) 看板の出ていない魚料理屋に行った事でございます。

この「魚料理屋」というのがミソで、これが焼肉だったら話は別。焼肉にお金をはたくのはこれit`s easy 、魚料理になけなしの銭をはたけるようになって初めて人は一歩「大人」へと近づくのでございます。

メニューを見てコース料理の値段にたまげ、清水の舞台から四回転半宙返りを決めるような気持ちでオーダーしました。

 

「コンバースのオールスターが4足買える…」などと靴屋らしく「スニーカー換算」してグジグジ考えていたのですが、そんなしみったれた事を考えていたのも料理が出てくるまででございました。

つきだしの数の子に「これ無限にコリコリする!コリコリの原子力!」と驚嘆し、マグロのお造りに「うわ!溶けた! 俺今食べた!?」と愕然となり、サワラの煮つけに「拝啓 母上へ。 貴方がこれまで山田家の食卓に提供してくれたサワラはサワラではありませんでした、ゴムです、工業用ゴム。本物のさわらを息子は今知ったよ」と一筆したため、その後もハモの卵とじや一本エビの天麩羅等を食し、ばっちり鯛の釜めしでしめた時に、一歩大人の階段を上った、と確信しましたね。

最後に暖かいお茶を飲み、漬物の昆布なんぞを名残惜しくつまみながら「日本人で良かった、ダシカルチャー最高」と感極まっておりました。

 

フレンチ、中華、ピザ、ハンバーガーなどももちろん大好きなのですが、やはり和食を欠かすことはできぬと痛感した次第であります。 特にやはり冬場は「おだし」が染みる、染みるぞぉおお なのであります。

 

さてはて、そんなわけで和食づいている小生なので、本日紹介する1足を「蕎麦昆布」と脳内変換してしまったのでありますが、気を取り直してこちらでございます!

 

Adidas Originals 「SOBAKOV MODERN 」

 

フットサルシューズをモチーフにした蕎麦昆布ことSOBAKOVより新色が登場です!

ヒールの赤がアクセントとなり、素材もスウェードへとアップデートされております!

カジュアルなスタイルからキレイ目までそつなく対応できる万能な1足に仕上がっております!是非店頭でチェックしてみてください!

 

それでは今冬も折り返し、暖かい蕎麦でも食べてやり過ごしていきましょう!

 

 

ではでは。

 

 

atmos NAMBA
大阪府大阪市中央区難波1-6-12 虎やビル
TEL 06-4708-3825
TIME 10:00-21:00
https://www.instagram.com/atmos_namba/?hl=ja

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Article List