10/8(月)atmos con vol.5発売 MIZUNO WAVE RIDER 1 【BLUE RUNNING TRACK & ASPHALT CONCRETE】

atmosでついに日本を代表するブランドMIZUNOの取り扱いがスタートいたします!

今作は初代モデルを忠実に再現した「WAVE RIDER 1(ウエーブライダー1)」をベースに、アジア販路限定となるシーズンスポットモデルがリリース。

鮮やかな「ブルー」をベースにしたカラーリングは、アスリートの平常心と集中力を助長しパフォーマンスを最大限に発揮させる為に開発された「MIZUNO」本来のフィールドである陸上競技場の”BLUE RUNNING TRACK(ブルーランニングトラック)”からインスパイアされ、無機質な「ライトグレー」をベースにしたカラーリングはタウンユースのフィールドである”ASPHALT CONCRETE(アスファルトコンクリート)”から着想を得て具現化。また、今モデルのアイコニックな機能である「WAVE PLATE(ウェーブプレート)」には、両カラー共に鮮やかな「イエロー」を配しています。

1997年に「MIZUNO」が誇る革新的なテクノロジー「MIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)」を初めて搭載したパフォーマンスシューズとして発表された「WAVE RIDER」。この名作は瞬く間に世界のランナーから注目を集め「WAVE RIDER」シリーズとして継続進化を続け、その最新作は現在も世界中のランナーから愛用されています。また「MIZUNO WAVE」のルーツは、1987年にリリースされた「AIR GENOVA(エアジェノバ)」に搭載されていた「MAGICAL CROSS MIDSOLE(マジカルクロスミッドソール)」へと遡り、このテクノロジーは波型の「ミッドソール」に「ファブリック(不織布)」を挟み込んだ構造「PARALLEL WAVE(パラレルウェーブ)」を採用。そこから更なる進化を遂げ、スポーツを行う際に必要不可欠な「安定性」と「クッション性」と言う二律背反の機能を兼ね備えたテクノロジーとして「MIZUNO WAVE」が誕生し、現在は様々なスポーツカテゴリーのパフォーマンスシューズに搭載されています。

10/8(月)渋谷ヒカリエホールにて開催される atmos conのMIZUNOブースではWAVEを体感できる。

スポーツの分野に於いて100年以上に亘って革新的な取り組みを進め、スポーツスタイルに於いても次の時代をリードする存在として注目を集める「MIZUNO」。そんな「日本」が誇るスポーツブランドのエポックメイキングをatmosconで足元から体感して見て下さい。

Related Article List